今年買った本、まとめ

通販ネタが続く&今年の締め。

 

今年はなぜかやたら電子書籍を購入して積み上げたので(物理的にではない)リスト化した。
ついでに紙で購入したものも書いておく。どっちも技術書のみ。
どれも全然読んでないのはないんだけど、たまに見返すと「なんだったけ、これ」って思って前の章に戻るので、一向に進まないという感じ。
理解できなくても一度はざっと最後まで目を通すのが正解だと思う。

 

自分が購入したのは楽天koboが多いけど、以下のリンクはamazonのアフィリエイト。

(正直、kindleの方が安いことが多いよね)

値段の参考用なんで踏まなくて良いです。

 

書籍



 

雑誌

 

そんなに多くないじゃん…って思われるかもしれないけど、技術書はただ目を通すんじゃなくて理解しなきゃいけないんで、自分みたいな万年初心者はすごく時間がかかる。
「30日でできる! OS自作入門」は半年近くかかって、未だに15〜16日目をさまよってるし。
歳と共に頭が固くなるんで、なかなか新しいことが脳みそに入らんのです。
(それと疲れ目がしんどいので、koboの電子ペーパーが大活躍)

今年は見ての通り低レベルなところをうろうろしていて、前に買った「CPUの創り方」を読み直したりもして、来年は読むだけじゃなくて作ろうかな、と考えてる。

 

…とか言いつつ、また怪しいスマホを買ったりマイコンボードをいじったりするんだろうな。

というわけで、今年も訪問ありがとうございました。

誰かの電子工作とか海外通販とかの参考になってくれていれば、幸いです。

Sponsered Link

AliExpressで通販(2019年度版11/11の配送結果)

この年の瀬に、メモというより愚痴。

 

11/11のセールで購入したもので、まだ届かないものがある。
そもそも今回はどれもかなりの日数がかかった。久々に一か月を超えるものが多い。

各販売店は注文後3日以内にちゃんと発送してくれている。
直後の追跡番号は中国国内までで、海外に出た後別の追跡番号(末尾がTWとか)に代わったんだけど、これは日本郵便の追跡には出てこないやつ。

しかもそのままポストに投函される。ここが紛らわしい。

 

追跡番号の末尾から台湾や中国の郵便だと思って調べてたら、届いてないやつの業者がYanwenだった…失敗した。
(ていうか、送料無料ってこちらからは業者は指定できないのが普通)
ちなみに追跡は以下からできる。
 https://track.yw56.com.cn/en-US

 

以前もここは遅いから要注意だったんだけど、その評判は以下を見てもらえれば解る。
 https://www.trackingmore.com/review-yanwen/ja.html
定期的に「遅い!」という書き込みが増えるのはAliExpressのセールのタイミングだと思う。自分もそうだし。
普通に中国郵便でも3か月さまよったことがあるし、一か月程度ではまだ慌てるタイミングではない。

 

もしこのまま期限まで来なかったら、問い合わせだのOpen Disputeだのこちらからアクションしないといけなくなる。(英語で…)
待つのは慣れてるんでいいんだけど、AliExpressはそこがちょっとめんどくさいなと思ったりもする。
要望が通れば、速攻でお金が戻ってくるのはありがたいですけどね。

Sponsered Link

Arduino UNOの購入

買い物(通販)メモ。

 

クリスマスが暇だったので(…)、なんか手が滑ってArduinoをたくさん買った。正確には、Arduinoとその互換品。
いつも中国から格安品ばっかり買っていて、Arduino Duemilanove以来正規品を購入していないので、まともなものが今さら欲しくなった。
とか言いつつ、結局互換品も買ってる。

在庫で残ってたので、今まで無視していた古い機種もかき集めてみました。(画像のだけじゃない)
そしたらかなりの出費になってしまった。何やってんだろ自分。

 

きっかけはスイッチサイエンスでセールやっていて、本家Arduino Unoが安くなってたから買おうと思っただけでした。
でも3000円切るということは、送料無料にならないということ。
送料無料にするために他のも買い足したんだけど、在庫切れの機種が気になって秋月電子で探したらあったのでそれも買った。
ある意味沼に陥ったかもしれない。

 

当たり前(?)だけど、安い中華Arduinoは変なクセがある。
謎なUSBのドライバが必要なのはもちろん、DCジャックからの電源供給でないとLチカもまともに動かないとか、別のArduinoに書き込みしようをしたけど元のArduinoもどきが反応しないとか。
パチもんでも10ドル近く出すと、比較的まともに動きます。特にシルクでメーカー名が入ってれば問題ないと思います。
3ドル前後だと当たりはずれが大きい感じがします。こういうの。↓

AliExpress.com Product - high quality One set UNO R3 (CH340G) MEGA328P for Arduino UNO R3 (NO USB CABLE)

 

AliExpress.com Product - One set black/blue/red UNO R3 CH340G+MEGA328P Chip 16Mhz UNO R3 For Arduino

というか、3ドル切る値段でArduino作れるのもすごい。


というわけで、初めて届いたイタリア製のArduino Uno。

安いやつだといつも使い方が荒くなっちゃうので、今度のは大切に使ってあげようと思います。

Sponsered Link

OrangePi PC2とOrangePi i96

少し前に発売されたOrangePiを2つ購入。
OrangePi PC2と、OrangePi i96。

 

OrangePi PC2は性能はともかくこのフリーダムな部品配置が魅力的で、使い道は考えてないけどいつかは手に入れておきたいなと思っていた。
が、今年の中頃に一時的にラインナップから消えていた。と思ったら、すぐにまた復活。
購入した基板は製造が11月。購入したのは11月の終わりごろなので、出来立てほやほや。

発売は2〜3年ぐらい前じゃないかと思うんだけど、人気あるんだな。

基板自体に変更はなさそう。だいぶ前からV1.1のまま。
ただ、昔の画像と比べると、NOR Flashのサイズが違ってるのがあった。

性能の問題より部品調達の問題なんだろうか?でも正確なところは解らない。

 

もう一方のi96は、意味不明。マジで。
これをちゃんと使ってる人ってあんまりいないんじゃないだろうか、検索しても出てこない。
でも購入時、セール品で4.4ドルだった。
送料が4.82ドルだから、それより安い。(というか送料高い)
PC2を買うついでに、安いからおまけ程度で購入してみた。

製造は2017年になってる。

もうすぐ2020年だというのに、2年以上倉庫に積まれていたんだろうか…。
売れてないのがよくわかるので、一時的にセール品にして在庫を整理したのかも。
しかしセール後も販売中のラインナップにちゃっかり戻ってるので、やっぱりよくわからない。
ちなみにセール後は8.8ドルになっている。


お勧めはしないけど、OrangePiのラインナップの中では安い方なので、何かのついでに買うのは良いんじゃないかな。

(と、思いたい)

動作確認は別途メモする予定。

Sponsered Link