8086のエミュレータ(おまけ)

「はじめて読む 486」の前に「はじめて読む 8086」を読むと解りやすいと聞き、その環境欲しさにFreeDOSをVirtualBOXにインストール。
DUMPコマンドのファイルを入れたいがために仮想領域をホストのPCにマウントできるようにした。

 

※DUMPコマンドを使えなくてもDEBUGで同じことができるので、普通に勉強するだけなら不要
(単に似たような環境に整えたかったという自分の趣味)

 

ここまでは先日やってみたこと。引き続きやったことメモ。

 

さらにFreeDOSに入ってるNASMじゃなくてMASMが欲しいなあと思い、探してみた。もちろん古いやつ。

「はじめて読む MASM」を読むとバージョンが3.0だったので、その頃のが欲しかった。

もちろん「はじめて読む 8086」でも使う。

 

検索してみると割とあっさり見つかった。

やはり古いデータをアーカイブしている場所。バージョン1.0から揃ってる。
 https://winworldpc.com/product/macro-assembler/3x
フロッピーディスクが5インチの時代。懐かしい。

 

これをダウンロードして解凍すると、フロッピーディスクのimgファイルが出てくる。

このファイルをVirtualBOXのFreeDOSのフロッピーディスクのところにマウントして起動すると、Aドライブに内容が表示される。

ファイルの日付が1984年というところが時代を感じる。さすがフロッピーが5インチの時代。

 

「はじめて読むMASM」で使用するのは

  • LIB.EXE
  • LINK.EXE
  • MASM.EXE
  • SYMDEB.EXE

の4ファイル。

これをCドライブにコピーして使う。

 

ここまでやらなくても良いんだけど、途中からは古い環境やファイルを漁るのが楽しくなっってしまった。

この先勉強することについては別館でメモしていく…かも。

でもまだOS自作入門が終わってないんで、先は長い。

Sponsered Link

コメント